目の下のクマを撃退|若々しくいたい方必読!

女性

肌に水分を

ウーマン

しわの原因の主因は肌の水分不足です。保湿化粧品で水分を保つ工夫もできます。そもそも「肌に水が足りない」とは、角質層にヒアルロン酸やコラーゲンが足りないことです。それを美容整形で補充することができます。

白く若々しい肌に

目もと

メラニン色素が原因

肌では、刺激を受けることでメラノサイトが活性化し、メラニン色素が作られます。このメラニン色素が沈着することでシミができるのですが、これは目の下では特によく生じます。なぜなら目の下の肌は、顔の他の部分と比較すると薄く、その分刺激を受けやすいからです。紫外線による刺激、メイクによる刺激、洗顔による刺激などにより、目の下はどんどん茶色になっていきます。目の下に生じるクマは、これが原因のひとつとなっているのです。寝不足などによってもクマが生じることがありますが、それと異なりメラニン色素によるクマは、熟睡したとしても消えません。しかし美容外科でのレーザー治療でなら、このクマを跡形もなく消すことが可能となっています。また、小じわがあった場合には、それも一緒に消すことができるのです。

波長の長いレーザー

目の下のクマを消すためには、波長の長いレーザーが使われます。波長が長い分、表皮層にはもちろん真皮層にも熱が届けられるのですが、それにより肌が生まれ変わりやすくなります。肌の浅い部分でも深い部分でも多くの細胞が作られることで、古い細胞が排出されていくのです。メラニン色素は、古い細胞に沈着しているわけですから、それがなくなることで目の下からはクマが消えていくわけです。また、小じわも古い細胞が原因となっているので、一緒に消えていきます。ただし、レーザーの熱が刺激となることで、メラノサイトが活性化する可能性もあります。すると再びメラニン色素が作られてしまうので、それを防ぐために美容外科では、メラニン色素の生成を抑える塗り薬や飲み薬の処方もおこなわれています。

下まぶたがたるんだら

鏡を見る女性

目の下のたるみは実年齢よりも老けて見られたり疲れているように見られたりすることもあります。そのため、悩みとなっているケースもよくあります。それゆえに改善のための方法や情報が巷を賑わせており、美容整形の分野でも需要が高まっています。

脂肪を無駄にしない

女性

自分のお尻や太ももなどの脂肪を使って、豊胸する方法があります。自分の脂肪なのでアレルギー反応も起こりにくく、安全性も高めです。定着率が低いという弱点も、コンデンスリッチ法などの登場で7割以上まで改善しました。